SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

富山のFP(ファイナンシャルプランナー) 舘林厚 

富山県富山市のFP舘林が、生命保険見直し相談やシダックスカルチャークラブ
で住宅ローンセミナー実施中です。
また「とやま家づくりの本」のマネープランの基礎について監修しています。
介護保険料率が改定されます。
0
    全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の介護保険料率は、平成21年3月分から、1.19%(現在は1.13%)に改定されます。これにより、40歳から64歳までの介護保険第2号被保険者に該当する方の協会けんぽの健康保険料率は、医療に係る保険料率(8.2%)と合わせて、9.39%(現在は9.33%)となります。

    ※健康保険組合に加入されている方の保険料率は、別途加入されている健康保険組合にご確認ください。

    ※協会けんぽの保険料のうち、医療に係る保険料率(8.2%)については、平成21年9月までに都道府県別の保険料率に移行することとなっています。


    介護保険第2号被保険者に該当する場合 
    (40歳から64歳までの協会けんぽの被保険者)

    9.33% → 9.39% (平成21年3月分〜)

    介護保険第2号被保険者に該当しない場合
    (40歳から64歳までの者以外の協会けんぽの被保険者)
    8.2% → 変更なし


    ブログをご覧になった方は応援のワンクリックをお願いします!
    にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ


    FP舘林のホームページはこちらです
            ↓
    FP舘林厚
    | 社会保険 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    70〜74歳の健康保険の一部負担金見直しの凍結
    0
       今回も引き続き健康保険制度の改正についてお知らせします。
       70〜74歳の方の健康保険一部負担金については、平成20年度に引き続き、平成21年度も一部負担金の引き上げが凍結され、平成22年3月31日まで1割負担となります。



       ↓ブログをご覧になった方はぜひクリックをお願いします!


      にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ


      カルナのホームページ←株式会社カルナのHPはこちら


      | 社会保険 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      75歳到達月の高額療養費の自己負担限度額の特例
      0
         前回に続き健康保険制度の改正についてお知らせします。
         75歳になり長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の被保険者となった場合、75歳の誕生月においては、誕生日前の医療費と誕生日後の医療費について、健康保険制度と長寿医療制度でそれぞれ自己負担限度額が適用されますが、平成21年1月からは、この自己負担限度額は両制度のいずれも本来額の2分の1の額が適用されることになります。
        ※被保険者が長寿医療制度の被保険者となる場合、その被扶養者についても特例の対象となります。



         ↓ブログをご覧になった方はぜひクリックをお願いします!


        にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ


        カルナのホームページ←株式会社カルナのHPはこちら
        | 社会保険 | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        出産育児一時金の支給額の改正
        0
           出産育児一時金(家族出産育児一時金)の支給額の改正がありましたのでご案内します。
           被保険者やその被扶養者が出産したときに支給される一時金は、35万円となっていましたが、平成21年1月から産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産したときは、産科医療補償制度に係る費用が上乗せされ、38万円となります。
           尚、産科医療補償制度は、妊婦の皆様が安心してお産できるように、分娩機関が加入する制度であり、加入機関でお産すると、万一、分娩時の何らかの理由により重度の脳性まひとなった赤ちゃんとご家族の経済的負担が補償されます。


           ↓ブログをご覧になった方はぜひクリックをお願いします!


          にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ


          カルナのホームページ←株式会社カルナのHPはこちら


          | 社会保険 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          厚生年金保険料率が変わります。
          0
             平成16年の年金法改正では、厚生年金保険の保険料率を毎年0.354%ずつ段階的に引き上げて最終的に18.30%(平成29年9月)とすることにより、その範囲内で年金の給付水準を調整するという「保険料水準固定方式」が導入されました。
             この段階的な保険料率の引き上げにより、一般の被保険者の厚生年金保険の保険料率は平成20年9月分(10月末納付期限)から15.35%となります。

            標準報酬月額が20万円の方の場合の厚生年金保険料の計算例

             20万円(標準報酬月額)×153.5/1000
                    =30,700円(折半額15,350円が本人負担)



            ↓ブログをご覧になった方はぜひクリックをお願いします!




            カルナのホームページ←株式会社カルナのHPはこちら
            | 社会保険 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            出産したときの健康保険の給付
            0
              欺仍紺貉金(家族出産育児一時金)
              健康保険・国民健康保険の被保険者(又は被扶養者である家族の方)が出産した場合に、支給されます。
              ・支給要件
               妊娠85日(4ヶ月)以後の出産のとき
               (早産・死産(流産)人工妊娠中絶も妊娠85日以後であれば支給対象となる)
              ・支給金額 1児につき35万円
              ・請求の手続き 「(家族)出産育児一時金請求書」に医師・助産師による出生証明または市町村による出生届出日等の証明を受けて社会保険事務所(国民健康保険の方は市町村役場)へ提出する。

              興仍瑳蠹金
              健康保険の被保険者が出産のため会社を休み、給料の支払いを受けられない時に支給されます。
              ※国民健康保険の方は対象外となります。
              ・支給要件 出産日以前42日(多胎妊娠は98日)から出産後56日の期間、支給されます。
              ・支給金額 欠勤1日につき標準報酬月額の2/3相当額が支給されます。
               給料の一部が支給される場合で、出産手当金の額より少ないときは、その差額が支給されます。
              ・請求の手続き 出産手当金請求書に医師又は助産師の意見と欠勤中の給料の支払いに関する事業主の証明を受けて、「賃金台帳」及び「出勤簿」の写しを添付して社会保険事務所に提出する。

              径狄Ω紊僚仍瑳蠹金
              出産日又は出産予定日が退職日から42日(多胎妊娠は98日)以内にあり、退職前の強制被保険者期間が継続して1年以上あれば、支給されます。



              ↓ブログをご覧になった方はぜひクリックをお願いします!




              カルナのホームページ←株式会社カルナのHPはこちら
              | 社会保険 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              傷病手当金をご存知ですか?
              0
                 病手当金は、社会保険の被保険者の方が病気やケガで働く事ができなくなり、給料が支給されないときに、安心して療養できるように、生活を保障する目的で支給される制度です。
                傷病手当金は、下記の4つの受給用件すべてに該当したとき支給されます。

                ゞ般崖阿良袖ぁΕ吋で療養中であること
                 業務上や通勤途上での病気やケガについては、医療費だけでなく傷病手当金も健康保険の給付は受けられません。

                ⇔斗椶里燭瓩忙纏ができないこと
                 病気やケガの療養のため、今まで従事していた仕事ができないときに支給されます。

                3日以上継続して仕事を休んでいること 療養のため仕事を休み始めた日から継続した3日間(待機期間)を除き、4日目から受けられます。

                さ詢舛了拱Г無いこと 給料等を受けていても傷病手当金の額より少ないときは、差額が支給されます。


                 支給額は1日につき標準報酬日額の3分の2が受けられます。また支給期間は同一の病気やケガにつき、支給開始日から起算して1年6か月の範囲で受けられます。


                 注意点として国民健康保険からは傷病手当金は支給されません。よってサラリーマンの方は傷病手当金を受け取ることができますが、自営業者の方は受取れないので自助努力でカバーしなければなりません。自営業者の方はサラリーマンの方よりも充実した、民間の医療保険が必要といえるでしょう。



                ↓ブログをご覧になった方はぜひクリックをお願いします!




                カルナのホームページ←株式会社カルナのHPはこちら
                | 社会保険 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                2008年4月からの健康保険・介護保険の改正
                0
                   2008年4月に実施される主な改正項目の一つの、療養病床高齢入院者の自己負担の見直しについて説明いたします。

                   介護保険では、2005年10月以後介護保険施設に入所する場合、食費と住居費が新たに自己負担となりましたが、医療保険でも2006年10月からは、療養病床に入院する70歳以上の者が同様の扱いとなりました。また2008年4月からは65〜69歳の者も対象となります。
                   通常、入院する場合、入院費用や食事代相当額は、自己負担割合または一部負担金(1食260円)についてのみ負担し、残りは医療保険から療養の給付、入院時食事療養費として給付されていました。2008年4月から、療養病床に入院する65〜69歳の者も、食費(食料材費および調理コスト)、居住費(光熱水道費相当)を負担
                  することになります。


                  自己負担合計目安(1ヶ月あたり)

                  一般(1割負担)の場合
                  食費  → 約42,000円
                  居住費 → 約10,000円
                  医療費 →  42,000円
                  合計  → 約94,000円


                  現役並所得者(3割負担)の場合
                  食費  → 約 42,000円
                  居住費 → 約 10,000円
                  医療費 →   82,000円
                  合計  → 約134,000円



                  ↓ブログをご覧になった方はぜひクリックをお願いします!




                  カルナのホームページ←株式会社カルナのホームページはこちらから

                  | 社会保険 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  社会保険庁からのお知らせ
                  0
                    平成20年2月と3月は「旧姓履歴の申出集中キャンペーン期間」?!社会保険庁からキャンペーンのお知らせがあったのでブログに書いてみました。

                     平成8年12月以前に旧姓で年金に加入していた方は、以前の記録が統合されていない事があります。結婚で姓が変わった人は要注意です。
                     結婚等により氏名を変更されている方々の記録が、いわゆる持ち主不明であった「5,000万件」のうち500万件を超えることが見込まれています。
                     これらの年金記録は、国民の方々お一人お一人に旧姓の申出をいただくことにより、皆様の記録に速やかに結びつけることができるそうです。ご協力を何卒よろしくお願いいたします、とのことです。

                     ※平成9年1月以降にはじめて年金に加入された方は、基礎年金番号制度の導入により、年金記録が一元管理されておりますので、ご安心ください。


                    記録の確認は以下の3つの方法で

                    ー匆駟欷瓜務所または年金相談センターで
                    受付時間
                     月〜金曜日:午前8:30〜午後5:15
                     2月と3月は一部の年金相談センターを除き午後7:00まで受付時間を延長します。
                     2月9日(土)、3月8日(土)、3月9日(土):午前9:30〜午後4:00
                     (都合により開庁できない社会保険事務所・年金相談センターもあります。)


                    ※お近くの社会保険事務所の所在地や開庁時間の延長などについては、社会保険庁ホームページhttp://www.sia.go.jp/でご案内しております。

                    △電話で
                    年金特別便専用ダイヤル  0570-058-555
                    ※IP電話、PHSからは 03-6700-1144 にお電話ください。
                    受付時間
                     月〜金曜日:午前9:00〜午後8:00
                     第2土曜日および3月9日(日):午前9:00〜午後5:00
                     ※原則として皆様の基礎年金番号や生年月日をお尋ねし、後日、回答票を郵送させていただきます。


                    インターネットで(ユーザID・パスワード) 
                    現役加入者の方は、社会保険庁ホームページから、ユーザID・パスワードをお取りいただければ、同ホームページでいつでもご自身の年金加入記録をご覧いただけます。

                      社会保険庁ホームページ http:www.sia.go.jp/




                    ↓ブログをご覧になった方はぜひクリックをお願いします!




                    カルナのホームページ>←株式会社カルナのホームページはこちらから
                    | 社会保険 | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    後期高齢者医療制度が始まります!
                    0
                       いつの間にそんなことにそんなこと国会で決まったの?と憤りを覚えるのが、4月から施行される後期高齢者医療制度です。後期高齢者医療制度とは2006年の通常国会に提出された医療制度改革関連法案にこっそり盛り込まれ、2008年度からスタートする新たな独立型の医療保険であり、75歳以上の「後期高齢者」全員が強制加入させられる公的医療保険制度です。75歳以上の高齢者は来年から保険料を強制徴収されます。保険料は都道府県によってかなり違いがあるようですが、おおよそ5,000円〜6,000円前後のようです。いままで子供の扶養家族のため保険料を払う必要の無かった高齢者も来年からは保険料を徴収されることになります。とりあえず緩和措置として2年間半額となります。保険料は取りっぱぐれの無いように、年金から天引き徴収です。また病気になった時の医療費は、今までどおり1割負担です。おそらくまだまだ医療保険制度の自己負担は増えていきます!早くから老後に向けての自助努力を行いましょう。

                      ↓ブログをご覧になった方は、ぜひこちらをクリックしてくださいラッキー




                      カルナのホームページ←株式会社カルナのホームページはこちらから
                      | 社会保険 | 19:51 | - | trackbacks(0) | - | - |