SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

富山のFP(ファイナンシャルプランナー) 舘林厚 

富山県富山市のFP舘林が、生命保険見直し相談やシダックスカルチャークラブ
で住宅ローンセミナー実施中です。
また「とやま家づくりの本」のマネープランの基礎について監修しています。
<< 先進医療の改定 | main | 差額ベッド代 >>
先進医療費の9割弱をがん治療費が占める
0
     前回に続き先進医療について案内します。18年度の厚生労働省の資料によると先進医療の治療費の9割弱をがん治療費が占めていることが明らかになった。また、がん治療の91%が粒子線治療(陽子線、重粒子線)による治療であった。
     18年度の先進医療費の総額は約37億円、うち32億円が、がん関連の治療費であった。約86%をがん治療費が占めていることになる。また、全患者数4166人のうち、がん患者は約68%の2816人となっており、先進医療を利用した疾患名としても第1位といえそうです。
     年間の実施数が最も多かった技術は「悪性黒色腫もしくは乳がんにおけるセンチネルリンパ節の同定と転移の検索」(622件)。2位は「悪性腫瘍(固形がん)に対する粒子線(陽子線)治療」(533件)であった。3位は「インプラント義歯」(485件)でがんの治療以外となっていたが、次ぐ4位は「固形がんに対する重粒子線治療」(453件)とがん治療技術であった。
     先進医療に占めるがん治療の割合の高さから、がん患者は他の疾患に比べて、保険診療の枠を超えた治療法に対する需要が高いことが明らかになり、がん関連の治療費は高額なものが多く、患者の負担の大きさも浮き彫りとなった。
     そこで、日本人の多くの人は自動車を運転するときに自動車保険に加入しているように、民間の保険会社のがん保険も今後生きていくには必ず必要ではないかと思います。



    ↓ブログをご覧になった方はぜひクリックをお願いします!




    カルナのホームページ←株式会社カルナのHPはこちら
    | 医学 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://atsushi.carna-fp.com/trackback/747833