SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

富山のFP(ファイナンシャルプランナー) 舘林厚 

富山県富山市のFP舘林が、生命保険見直し相談やシダックスカルチャークラブ
で住宅ローンセミナー実施中です。
また「とやま家づくりの本」のマネープランの基礎について監修しています。
相続対策には生命保険を活用!
0
     相続対策の中で納税資金と遺産分割資金として生命保険の活用するポイントをまとめてみました。

    ’疾濃餠發箸靴討粒萢 
     納税資金対策として、生命保険を活用するポイントは3つあります。
     1つは、相続が発生したとき、相続人が相続税を支払う事ができるかどうかです。相続した財産によっては、換金可能な財産がまったく無い場合も考えれます。そうした場合、事前に生命保険を使って納税資金を確保しておくことが必要です。
     2つめは、すでに相続対策を生命保険で行っていて、保険金受取人が配偶者になっている場合です。配偶者が相続または遺贈により財産を取得した場合、配偶者の税額軽減処置によって、配偶者の法定相続分(もしくは1億6000万円のいずれか大きいほう)に対応する額までは、実質的に相続税がかかりません。そのため実際に相続税を納税するのは、配偶者以外の相続人になるケースがほとんどです。したがって、納税資金対策として生命保険を活用する場合、死亡保険金の受取人は実際に相続税を支払う相続人にしておくことが大きなポイントになります。この観点から既加入の生命保険を見直し、死亡保険金受取人の変更といった手当ても必要となるでしょう。
     3つめのポイントとなるのは、相続人が受取る生命保険は、相続人1人につき500万円の非課税金額の適用がある点です。受取った保険金の全額に対して相続税がかかるわけではない点が他の金融資産と大きく違うところです。
     納税資金の不足分を生命保険金でカバーするのか、あるいは生命保険金で相続税を支払ってしまい、丸々相続財産を残すのかはそれぞれ加入する保険金額によって異なります。

    遺産分割資金としての活用 
    「誰に・何を・いくら遺すか」。被相続人は、自身の想いを遺すために遺言をしたためます。
     しかし、被相続人の「遺したい財産」と、相続人の「分けてほしい財産」には大きな隔たりがあります。
     また経営者の場合、自社株や不動産株などが相続財産の大部分を占め、これらは基本的に分割し難いものです。それを遺す場合には、必然的に相続人間での不公平も生まれてきます。
     「この財産だけは、特定の相続人に渡したい。しかし、そうすると他の相続人に渡す財産が少なくなる」。
     このような場合には生命保険を活用し、円満な遺産分割へつなげることができます。
     遺産分割資金として生命保険を活用するメリットは、「今ある財産をどう分けるか」ということではなく、「生命保険金」という財産を外から持ってくることにあります。
     そういった意味で、生命保険金を使った遺産分割対策は、遺言とセットで効力を発揮すると言えるでしょう。

    相続が「争続」とならないように、生命保険を上手に活用しましょう!

    ↓ブログをご覧になった方は、ぜひこちらをクリックしてくださいラッキー




    カルナのホームページ←株式会社カルナのホームページはこちらから
    | 生命保険 | 10:53 | - | trackbacks(0) | - | - |